〔レポート〕模擬レースをしながら楽しくスキルアップ!「ロードバイクテクニカルゲームズin上田教習所」開催

〔レポート〕ロードバイクテクニカルゲームズin上田自動車学校

 

 11月11日(日)に模擬レースなどを行いながら楽しくロードバイク技術を上げる「第2回ロードバイクテクニカルゲームスin上田自動車学校」が上田市で行われた。今回で2回目の開催となるこのイベントは上田市内のスポーツバイクショップ「ベレーニョ」主催で行われ、大学生から年配の方までおよそ20名が参加して楽しみながらスキルアップを行った。また講習会の最後には希望者によるクリテリウムも行われ優勝者には豪華な景品も贈られた。

 

当日の模様

 

受講前にこの日の説明を受ける参加者たち

 

 当日は、主催のスポーツサイクル「ベレーニョ」の大鹿真治店長、長野県代表自転車チームの湯原正幸コーチ、さらにゲストとしてUCI国際コミッセールの藤森信行氏も参加して行われた。参加者はロードバイクを始めたばかりの初心者の方を始めとして高校生から年配の方まで様々な顔ぶれが揃い和気あいあいと行われた。

 

 

主催したベレーニョ大鹿店長は大学・実業団で活躍した。

 

美鈴湖自転車学校でもお馴染みの湯原正幸コーチ(長野県代表コーチ)

 

ゲストはUCI国際審判員の藤森信行コミッセール

 

 

〔午前の部〕

 午前中は自動車学校内の中にシクロクロスコースのように複雑かつテクニカルなコースを作成してその中を走る。コース内はクランクやシケイン、S字の他にもヘアピンやかなりタイトなコーナーもあり、ライダーには数多くの自転車スキルを求める複雑なコースとなっていた。

 

デモ走行をする湯原コーチ

 

タイムトライアル開始
 今回のイベントは単に技術講習会だけでなく、その技術を使って楽しく模擬レースをすることが主眼となっている。参加者は一通りの試走を終えるとタイムトライアルを開始。2本合計でのタイムを計測して上位は豪華景品も贈られた。

 

女性ライダーも数多く参加した

 

教習所を利用した複雑なコースをこなして行く

 

多くの参加者が見事なコーナーリングを見せる

 

今年の高体連や開田クリテ山形ヒルクライムでも活躍した小松選手(上田千曲)も参加。

 

タイムが更新されるたびに歓声が上がり会場は非常に盛り上がった

 

上田市内だけでは無く県内から多くの人が集まった。

 

多くの人が楽しみながら走っていたことが印象的だった。

 

普段は教習所のコースをクローズして行うので安全に走行が出来る。

 

飯田風越の初期のメンバーでOBの金原選手も参加した。

 

タイム計測が終わると湯原コーチによる各コーナーの解説やコツ等のレクチャーが行われた。

 

 

〔午後の部〕

 午後は、3人1組になり模擬チームパシュートが行われた。3人で隊列を組みいかに力を分散させて走るか?各チームで戦術を話し合いながらタイムアタックを行った。また、最後には教習所内の外周を利用してクリテリウムが行われ上位者には表彰が行われた。

 

3人1組となりチームパシュート(団体追抜き)が行われた。

 

クリテリウム入賞者は表彰台でシャンパンファイトを行った。

 

今回の講習会の成績上位者には金一封と豪華景品が贈られた。

 

 

今回が第2回目の開催となった

ロードバイクテクニカルゲームスin上田自動車学校

参加者に大盛況のうちにイベントが終了しました。

主催の大鹿店長はまた来春に

第3回目のイベントを行うと宣言されていました。

これから大会や各イベントに出たい方

競技に出場したい方にとって非常に大切な

スキルやマナーを学べる貴重な機会だと思いますので

ぜひ次回開催の際もふるってご参加下さい。

当サイトでもお手伝いをして行きます。

 

 

関連LINK

サイクルスポーツベレーニョ(公式)

上田自動車学校